みなさんは、どのような恋愛をしてきましたか?
今までに、ずっと忘れられない大好きになった人がいるでしょうか?
きっと、十人に聞けば、十人が全く違った恋愛を語ってくれることでしょう。
学生の時の先輩を好きになって、最後まで見つけるだけだった、という人もいれば、とても長い間付き合って、好きだったのに別れてしまった、という人もいるでしょうね。
今思えば最低な相手だったのに、そのときの自分はなぜかその人のことが大好きだったんだ、という人もいるかもしれませんね。
そのときの自分の環境や年齢によって、いろいろな状況で人を好きになり、そして、一度たりとも同じ恋愛はしないはずです。
嫌な思いをしたこともきちんと時間が解決してくれますし、良い思い出は時間がより素敵な記憶に変えてくれます。
時折思い出して、なんだか甘酸っぱい気持ちになることもあるのではないでしょうか。
最近では、恋愛をするための媒体も変化してきましたよね。
昔は文通相手に恋をする、ということもありましたが、今はインターネットを使って積極的に恋する相手を探す時代になりました。
待っているだけではなかなかやってこない、恋するチャンスを、自分から行動して探す、ということですね。
例えば友人からの紹介やコンパなどの、実際に会ってからだんだんと好きになっていく、という形に慣れている人にとっては、ウェブ上での出会いは、少し違和感を抱くかもしれません。
もちろん、顔がわからないこと、声が聞けないこと、着ている服が見られないことなどは、不安の要素の一つになることもあるでしょう。
たしかに、不特定多数の人間が集まる恋愛サイトでは、ある種のリスクが存在することもあります。
実際に会うまでに時間がかかることにも、もどかしさを感じる人も少なくはありません。
しかし、まだ顔を見ぬ異性に思いを巡らし、メールの交換をする、というのも、スタンダードな恋愛の形になりつつあります。
それは、恋愛サイトでの恋愛が、実際に会ってから恋をするのよりも、魅力的な一面を持っているからです。
想像する楽しさは、好きな人を教室の中で探す楽しさに、勝るとも劣らないものだという人も多くいます。
新たな恋愛の形に挑戦すると、今までのものを超える、素敵な経験ができるかもしれません。